簿記が苦手な会社員でもはじめられる!マネーフォワード クラウド会計・確定申告

簿記が苦手な会社員でもはじめられる!マネーフォワード クラウド会計・確定申告

00mfcloud top

個人事業主(フリーランス)になって、一番とも言える悩みが青色申告のための決算書の作成はどうしようかということ。

会社員は年末調整を会社でやってもらえるので自分で確定申告をする必要はありません。

ですが、フリーランスとして活動を開始すると、確定申告時に確定申告書に加えて損益計算書と賃借対照表がついた決算書も作成して提出しなくてはなりません。

会社員時代から数字オンチのわたしが開業当時からお世話になっているのが、マネーフォワード クラウド会計・確定申告です。

目次

マネーフォワード クラウド会計・確定申告がどんなものかはじめてみる

マネーフォワードクラウド確定申告で青色申告をはじめたい方は、以下のリンクから登録ページを開きます。

マネーフォワード クラウド会計・確定申告に無料で登録する

事業形態は、副業状態ではじめる場合は「個人事業主」を選択したのち、メールアドレス、パスワードなど登録に必要な情報を入力します。

都道府県は個人事業主の開業届を提出した納税地の都道府県を選択しましょう。

自宅で副業をしているなら自宅のある都道府県になりますね。

無料登録

データ連携をする金融機関・クレジットカードを選択する

事業用に利用する銀行口座とクレジットカードを選択します。

既に事業用で使用する口座とクレジットカードが決まっているのであれば、ここで選択しておくと後でデータ連携を設定するときに少しラクです。

データ連携をすることで、例えばAMAZONでクレジットカード支払いで文房具を買ったときに、金額や商品名などをAMAZONの注文書の品名やクレジットカードの明細からデータを手で打ち込み直しする必要なく登録できるので帳簿作成の作業が圧倒的にラクになるんですね。

まだ決まってないなら後で設定できるのでチェックしないで進んでもOKです。

金融機関・クレジットカードを選択

副業をするなら専用の銀行口座とクレジットカードをあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

【関連】副業用クレジットカードはAmazonで還元率高いものがおすすめ

ちなみにマネーフォワードという家計簿アプリを使っている方は、既に銀行口座とクレジットカードをマネーフォワードで登録済みなら改めてマネーフォワード クラウド会計側で登録する必要がないのでとってもラクです。

【関連】資産管理に興味があるので家計簿アプリ「マネーフォワード」を試した | くるみる記。

自分にあった契約プランを選択する

プラン選択

最近仕様がかわり仕分け件数が年間50件までになってしまい、無料で1年間使い続けることはほぼ不可能になってしまいました。

とりあえず無料で30日使えるので、昨年度分を1ヶ月まとめて集中して帳簿をつけて終わらせられるレベルの自信があるなら「ベーシックプラン」、仕訳って何?レベルの方は「あんしん電話サポート付きベーシックプラン」を選んでおきましょう。

料金プランを選択する

05creditcard entry s

継続するならどのプランで使っていきたいかを選びます。

1年間継続して少しずつ仕訳を入力していきたいなら、年額払いを選択すると年間800円割引になります。

クレジットカードでの支払いが増えると使ったあとクレジットカードの請求は遅くて2ヶ月後になるので、わたしは入力をまとめておこなう月にベーシックプランを選択しています。

利用費用はVISA、Master、JCB、アメックス、ダイナーズクラブと多彩な国際ブランドによるクレジットカード決済が利用できます。

ここまで登録しておけばすぐ仕訳の登録をはじめられます。

\仕事は、選ぼう!/

人生のステージが進むにつれて自分に合った派遣会社は変わります。

6社の派遣実績のあるわたしがこれから本当に登録したい派遣会社とは?

確定申告カテゴリの最新記事